庭球部の歴史

 

一橋大庭球部は今年で創部 122 周年を迎えます。 勝っては笑い、負けては泣き、すべてが庭球部の輝かしい歴史です。

1894(明治 27)高等商業学校「庭球部」創設 軟式でスタート、1920(大正 9)年硬式転向。 同じ歴史を持つ、慶大、早大、東大なども 一橋大と同様、今なお「硬式」と入れずに 「庭球部」の名称を継承しています。 硬式転向前年の対早大定期戦で一橋大が勝 利。それを機に「硬式転向」を表明すると、 早大側から「勝ち逃げは許さん!」と抗議が あった、というような記録も残っています。

1898(明治 31) 1 回「高商対高師」対抗戦 開催/高等師範学校(現筑波大)との定期戦 は、現在も「太田清水杯」として続く日本で 最も歴史のあるテニス対抗戦です。

1906(明治 39)神戸高商(現神戸大)と初対抗戦開催/この対抗戦は後に大阪市立大も加わり、「三商大戦」へと発展します。なお、 1902(明治 35)年神戸高等商業学校が建学し たことで、一橋大の前身「高等商業学校」は 「東京高等商業学校」と改称しました。

1920(大正 9)清水善造先輩(明治 45 年卒全英庭球選手権「チャレンジ・ラウンド」(前年 優勝者への挑戦権決定戦)準優勝 決勝で死闘を演じたビル・チルデン氏はこ の年と翌年、全英を連覇。この試合を機に 清水先輩と深い友情の絆で結ばれました。後の 1936(昭和 11)年、チルデン氏が来日。各地で親善試合。予定外で甲南高校に て、清水先輩とテニスをするのですが、「契約外の試合は認めない」とする主催新 聞社をチルデン氏が「友人としてテニスをするのだ」と 説き伏せたのでした。清水先輩は晩年まで、毎朝自宅で2000 回の壁打ち(ノーミスで!)を欠かさなかったそう です。清水先輩の逝去後、遺言にもとづき 1982(昭和 57) 年に寄贈された「清水記念ボールド」は、今も部員の良 きヒッティング・パートナーです。    

1920(大正 9)柏尾誠一郎先輩(大正2年卒アントワープ五輪にて銀メダル獲得 熊谷一弥氏(慶大 OB)とのダブルスにて、日本人初のメダルを獲得。続くパリ五輪には、 岡本忠先輩(大正 6 年卒)が出場されました。

 

1921(大正 10)デ杯日本初参加 清水先輩・柏尾先輩・熊谷氏(慶大 OB)が出 場。決勝で米国に敗れる。

1927(昭和 2) 1 回東大定期戦開催 東大との定期戦は前期戦(男子部12 )、本学部戦(フルメンバー)という形で 現在まで続いており、前期戦出場は12 生の大きな目標のひとつとなっています。

1928(昭和3)牧野元先輩(昭和4年卒)全日本 選手権優勝・全日本ランキング 1 位に 小柄ながらフォアハンドの超トップスピン は時に相手選手の頭上を越え、フェンスに まで達したそうです。

1928(昭和 3)全国高専大会優勝

1934(昭和 9)全国高専大会優勝/ 1  関東学生リーグ戦 2 部優勝

1940(昭和 15)全国高専大会優勝/旧制 大阪商科大学(現大阪市立大)と初対抗戦

1941(昭和 16)合宿所落成  敗血症で早逝された相馬永夫先輩(昭和 17 卒代)の遺志による寄附をもとに付設された 8畳間を「相馬記念館」と命名。

1950(昭和 25)「東京・神戸・大阪」三商大 定期対抗戦を始まる 三商大戦は一橋、神戸、大阪市立の 3 大学 による対抗戦で各校持ち回り、現在は毎年 12 月に行なわれています。AWAY の場合は、 試合後の観光も一大イベントです。

1954(昭和 29)1回三商大先輩戦開催

1954(昭和 29)清水善造先輩、デ杯監督 に。遠征の帰途、チルデン氏のお墓を訪れる

1956(昭和 31)一橋庭球倶楽部設立 初代会長に近藤荒樹先輩(大正2年卒) 一橋庭球倶楽部は庭球部 OBOG 先輩方の親 睦団体であると共に、庭球部を全面的にバ ックアップして下さっています。

1958(昭和 33)庭球倶楽部「部報」第 1 発行。現在 52

1960(昭和 35)コート 2 面増設 6 面に    

1971(昭和 46)年・女子初入部

女子部員第一号は、昭和 41 年入学まもなく 庭球部の扉を叩かれた、箱田(現姓 市川) 和子先輩です。その年の女子新入学生はわ ずか 7 名。翌年、翌々年に1人ずつ入部し ましたが、リーグ戦参加までには 8 年の歳 月が必要でした。

1973(昭和 48)新合宿所落成 近藤荒樹先輩(大正 2 年卒)よりの贈呈式が 3 31 日に挙行されました。

1974(昭和 49)女子部リーグ戦参加

女子リーグは現在、1-4 ( 6 )5 ( 60 )。これまでの最高成績は 2008 年の53位です。

 

1977(昭和 52)女子関東学生資格選手誕生 塚田(現姓 高橋)茂子先輩(昭和55年卒)が、 夏の「関東学生トーナメント」単予選を勝 ち抜き、女子部として初めて本戦に進出。 その後、本多理香先輩(平成 15 年卒)が単本戦に。以降、関東学生資格選手を輩出していません。男子は単が田中宏明先輩(平成 10 年卒)、複は上原正裕先輩(平成 12 年卒) 藤岡伸明先輩(平成 12 年卒)が最後の関東学生資格選手。新たな関東学生、インカレ選手の誕生が待たれます。    

1982(昭和 57)『一橋のテニス』上梓

1985(昭和 60)2-3部入替戦に進出 青山学院大に惜しくも敗れる。

1990(平成 2)新部室竣工

後藤達郎先輩(昭和 10 年卒)をはじめとする 諸先輩方の支援により実現。シャワー、ト イレ完備、炊事や寝泊りまで可能。多くの 「部室の民」と呼ばれる常宿組を輩出。

1998(平成 10)「高師(現筑波大)対高商( 一橋大)」対抗戦(太田・清水杯)が 100 周年に テニスにおける日本最古の定期対抗戦として、読売新聞等で取り上げられました。

2010(平成 22)新オムニコート完成 三木谷浩史先輩(昭和 63 年卒)をはじめとす る諸先輩方の支援により、オムニコートを 1面増設し 3 面に。クレーコートと合わせて 6 面。明治期から現在に至るまで、コート、 部室(合宿所)などの設備を、先輩方のご 支援によりほぼ独力で整えていることは、 特筆すべきことです。

2011(平成 23)男子部7部へ降格 男子リーグは 1-6 ( 6 )7 ( 60 )2003 3 部昇格後、徐々に下部へ。 そして、2011 年庭球部の歴史上、初めて 7 部へ降格しました。昇格・残留・降格、歓 喜・憔悴・落胆。それらすべてが、欠かせざる庭球部の歴史です。

 

2014(平成26)そして、現在 男子部は坂本京一コーチ、女子部は石川い ずみコーチ、OBOG の皆さま方から指導を 仰ぎ、男子・女子ともに、新たな歴史を刻むべく、日々練習に励んでいます。

 現在の部室