男子部主将 経済学部3年小澤審

 こんにちは!男子部主将を務めております商学部3年の小澤審です。男子硬式庭球部は現在関東大学テニスリーグの7部に所属しており、6部昇格を目指し、日々練習を重ねています。

 テニス部には、豊富なコートやボール、プロのコーチや経験豊富なOBの先輩による指導など、テニスをするにはこれ以上ない環境が用意されています! 強豪他大学との交流も盛んで、沢山の刺激を受けて皆上達しています。

 

 テニスは個人競技であり、勝利の歓びを得るために自分で自分をマネジメントすることで様々な経験を得られます。しかしテニス部では、団体でテニスに取り組み勝利を目指すことで、他の人を成長させる経験が出来ます。そうして団体戦で得る勝利の歓びは、一味違った素晴らしさがあります。

知力も試される奥深いゲーム性が魅力のテニスを、ぜひテニス部に入って仲間とともにやりませんか?責任感を持ち、勝ちを目指し取り組んで初めて得られることは多くあります。テニス部でしか得られない経験を、共に分かち合いましょう!

 

 多くの初心者の先輩が活躍してきたように、今の実力は関係なく、経験を積めば必ず試合で活躍できます!皆の期待を背負って戦うことで、一回りも二回りも成長出来ます。大学生活における選択肢が増えた今、4年後に後悔したくないあなた、今よりも立派で逞しい自分になりたいあなた、ぜひテニス部で共に勝利を目指しましょう!

女子部主将 商学部3年 鳥居真由

 

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

私達女子部は、関東大学テニスリーグ第5部に所属し、9月にあるリーグ戦で昇格することを目標に、現在16名で活動をしています。一昨年シード権を獲得し、昨年は更に順位を上げてまいりました。今年、そして来年と、順位を上げ、三年後に昇格するチームを作るべく、日々新たな取り組みを行いながら、工夫し て練習に取り組んでいます。

  勝つためにチームとしてできることは何だろう。私は、メンバーで先輩後輩関係なく、互いにアドバイスを言い合い、切磋琢磨する事こそが団体戦における勝利の鍵であると考えています。 テニスを通して、全員が日々自分の弱さと向き合い、それを克服するために、最大の挑戦をしています。共に挑戦し、喜びや悔しさを分かち合うチームメンバーは、大切な仲間であり、家族のような存在です。

 

「最高の仲間と、最高の瞬間を。」

 

新入生の皆さん、後悔はさせません。お会いできるのを楽しみにしています。

庭球倶楽部理事長 岡田哲郎先輩

 新入生の皆さん、ようこそ一橋大学へ。厳しい受験を終えて、これから新たな大学生活に向けて希望に胸膨らんでいることと思います。どのような大学生活を送るかは皆さん次第、悔いなく充実した学生生活を過ごすために”来たれ!伝統ある庭球部へ!” 

 庭球部の良さは、何と言ってもその環境にあります。100年以上の伝統を持ち、テニスに打ち込むための庭球部専用コートが6面、クラブハウスなど充実した設備を持っています。また、大学の看板を背負って他校と戦うことは、一生涯の思い出になることだと思います。

 OBは庭球部の活動に対して物心両面でのサポートをしています。テニスコート・クラブハウスの維持のための資金援助だけでなく、テニスの指導や各界で活躍するOBによる就職の支援など様々なサポートを行っています。就職活動においては、様々な業界に多くのOBがいるのでOB訪問の際に本音の話をたくさん聞くことができました。また、実際の面接などに向けても、採用する側の視点で様々なアドバイスをいただくことができました。

 就職後の会社生活においても、OBだけでなくテニスを通じた知人が多くいることは貴重な財産となっています。何よりも”学生時代テニスに打ち込んできた”という自負は、会社生活で困難を乗り越える際の大きな原動力となっています。